1. HOME
  2. 競馬コラム「極ウマ日記」

競馬コラム「極ウマ日記」 | 極ウマ・プレミアム

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
更新
随時

[2019年3月21日14時42分更新]

新人ジョッキー・亀田温心の野望?

今回は新人ジョッキーのお話。亀田温心(はーと)騎手(18=北出)が17日、中京7Rのグランドガールで、デビュー15戦目でのJRA初勝利を挙げました。
好スタートを決めて、2番手をキープ。直線で先行馬に並ぶと、懸命に追ってかわしにかかる。抜け出した後も必死に追って、ステッキを入れる。後続を寄せ付けず、2着に3馬身差の快勝。「最後まで必死でした。『後ろから来ないで』と祈ってました」。それまでの14戦、掲示板にも1度も載らなかっただけに、待望の初勝利に「ほっとした。気が楽になりました。自厩舎の馬で勝てたことがうれしい」。北出師は「よくやった!」と声をかけ、駆け付けた両親も喜んでくれました。
「温心」と書いて「はーと」と読む。名付けたのは母・千登世(ちとせ)さん。「温かい心を持った人間になるように」との願いを込めて。子どものころから、あだ名がついたことがなく、ずっと「はーと」と呼ばれているとか。初勝利直後もファンから「はーと!」と呼ばれて、うれしかったそうです。
亀田騎手は京都競馬場の近くで育ち、ほどなく乗馬を始めました。競馬場付近の酒屋さん「安井商店」で母が働いていたこともあり、競馬が常に身近にあって、自然と騎手志望に。夢は「大きなレースを勝って、『はーと』コールが起きればいいですね。インパクトのある名前で良かったです」と、にこやかに語ってくれました。
目標は幸英明騎手(43)。「どんな馬でも、最後まで全力でレースをする」ところに、魅力を感じ、尊敬の念を抱いているといいます。1歩でも近づけるよう心掛けていることは「積極的な競馬をすることと、コーナーワークを磨くこと」。一鞍一鞍を全力で、今週は中京に参戦。「はーとコール」への道のりは始まったばかりです。

【網孝広】

[2019年3月14日18時13分更新]

ハッピーバースデー・武豊!

驚くなかれ、武豊騎手が3月15日に50歳の誕生日を迎えます。こんな若々しい、さわやかな50歳がこの世にいます?? いや、いないね!!!

今週水曜の栗東トレセンでは多くのカメラマンに↑↑このポーズを要求されていた武豊騎手…。

右手で「5」を、左手で「0」を作って「50歳」を迎えることを全身全霊でアピール。こんなポーズを頼んでも嫌な顔ひとつせず、満面の笑みでハイ・ポーズ♪してくれるという器の大きさよ!! 涙が出そう。

今週土曜は若葉Sでワールドプレミアに、日曜はスプリングSでファンタジストに騎乗します。どちらも有力馬だ!50歳になっても活躍間違いなしです!

【平本 果那】

[2019年3月10日10時29分更新]

ハッピーバースデー

今日3月10日は18年年度代表馬アーモンドアイの4歳の誕生日です。

6、7日と国枝厩舎に立ち寄ると、アーモンドアイの誕生日を祝う色紙やイラストなどが届いていました。厩舎の了解を得て写真撮影させてもらいました。

国枝厩舎に届いたアーモンドアイの誕生日を祝うイラスト

30日にドバイターフ(G1)への出走を激励する何通もの手紙もあり、ファンの期待の高さがうかがえます。

G1・4勝目となったジャパンCを制した後から時々、厩舎に手紙などが届くようになったそうです。

灼熱(しゃくねつ)の地ドバイへ、アーモンドアイは20日に日本を出発予定。今回は世界から注目されるレースになります。

【久野 朗】

[2019年3月7日21時58分更新]

相撲×競馬

 

園田競馬場に〝稀勢の里〟が現れた。

 

先日、休みを利用して園田競馬場を訪れた。

 

園田競馬場の写真

開門前から大にぎわい!

 

午前10時の開門前から多くの人が詰めかけていた。その理由は…。

 

ちゃんこと力士の写真

これだ!

 

先着300人にちゃんこ鍋が無料で振る舞われたからだ。田子ノ浦部屋の力士がつくった正真正銘のちゃんこ。特設テントの前には大行列ができ、すぐになくなる人気ぶりだった。

 

大相撲の春場所を前に、田子ノ浦部屋が園田競馬場内に宿舎を構えている。7日まで稽古の一般公開が行われ、毎朝大勢のファンが見学に訪れていた。

 

ちゃんこの写真

うまい!

 

僕もちゃんこをおいしくいただいた。薄味の鶏ちゃんこで、体にやさしい味だった。腹ごしらえが終わったら…。

 

荒磯親方の写真

中央左が元横綱稀勢の里の荒磯親方!

 

今度は稽古の見学だ。大関高安は出稽古で不在だったが、元横綱稀勢の里の荒磯親方が若手に胸を出していた。この日は競馬開催日で、すぐ後方にはコースがあって、競走馬が走っている。なんとも不思議な雰囲気だった。

 

ちなみに僕は04~96年の2年間、大相撲の取材を担当していた。異動した当初は、稀勢の里が18歳で新入幕を果たしたばかり。寡黙で取材に苦労させられたのも、今ではいい思い出だ。「もしも現役の横綱のまま春場所を迎えていたら…」とも思うが、現役さながらの姿を見られただけでも良しとしよう。

【太田 尚樹】

[2019年3月7日14時03分更新]

早速ですが

クイズです。
以下の写真2頭の馬名を当ててください。


ノーヒントで応えられたら、競馬オタクを自称できそうですね。
ヒントを1つ。「同じ厩舎の所属」です。



まだ難しいですかね…。
もう1つ、ヒントを。「ともに重賞ウイナー」です。



さて、最後のヒントです。
「ともに、今週の重賞に出走」します。



わかったでしょうか…。
正解は↓↓↓






↑タイセイドリーム(阪神SJに出走)と

↑リスグラシュー(金鯱賞に出走)でした。
ともに上位人気が濃厚。注目です。

【柏山 自夢】

「極ウマ日記」過去の記事

一覧へ