1. HOME
  2. 競馬コラム「極ウマ日記」

競馬コラム「極ウマ日記」 | 極ウマ・プレミアム

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
更新
随時

[2018年5月16日18時22分更新]

キャプテン翼×ダービー

こんにちは。松田です。

 

今日は築地の東京本社で内勤をしてから、夜に美浦トレセンへ移動します。

今週末に控えるオークス出走馬の研究をしたり、その他レースに出走する馬の取材資料をつくったりしています。あとは、来週のダービーに向けた仕込みもしてみたり。

 

毎週のようにG1があるこの時期は自分たちも競馬が盛り上がるように、いろいろ頭をひねらせています。ダービーウイークの来週は毎日、紙面に特別企画が掲載されるので、ぜひ日刊スポーツを手に取ってみてください。

 

主催者のJRAもダービーに向けて、さまざまなイベントを仕掛けています。

特に自分が気になったのは「キャプテン翼ダービー」。特設サイト内(https://umabi.jp/captain_tsubasa_derby/)にはゲーム、オリジナルストーリーが読めるページもあります。ちなみに単行本は全37巻。サッカー少年だった小学生時代に全巻集めて繰り返し読んでいました。

 

勤務中ですが、「必殺シュートダービー」に挑戦。これも仕事。あくまでリサーチの一環としてです。

こっそりイヤホンをつけてスタートです。ファミコン時代を思い出させるようなレトロな音楽に胸が躍ります。

翼くん、岬くん、日向くんなどのキャラクターが騎手となり、競走馬がサッカーボールをドリブルしながらゴールを目指すゲームのようです。

自分は1番人気(単勝1・3倍)のドイツの若き皇帝シュナイダーを選択して1着を狙います。

シュナイダー。懐かしい。

馬がシュートを打つんです。おもしろい。

背景も豪華。

ズドーン。

ハイライトは直線。ゴールにそびえるGK若林くんをかいくぐるため、人馬は必殺シュートで勝負です。

原作でも第1回国際ジュニアユース大会で若林くんからゴールを奪ったように、見事な得点(1着)を決めてくれました。ナイス、ゲルマン魂。どうやらポイントを集めるとオリジナルゴールデンボールが抽選で1名に当たるそうです。地道にポイントを稼いでいきたいと思います。

 

一応、告知も。

ダービー特集号。絶賛発売中です。

駅売店やコンビニ等でこちらの「ダービー特集号」が順次発売中です。故・大川慶次郎さんの語録をまとめたものや、各記者の事前予想、総力取材で集めた出走予定馬の近況が載っています。こちらもぜひお買い求めください。

 

今年のダービーネクタイ。おしゃれ。

 

それでは。

【松田 直樹】

[2018年5月11日18時29分更新]

初体験の「千葉セリ」

「千葉セリ」の愛称を持つ千葉サラブレッドセールに足を運んできました。2歳馬が船橋競馬場で公開調教を行い、その後パドックをセリ会場にして行われます。

購買者登録は約350人で昨年より100人以上も増え、セールの注目度は増しています。かつてグリーンチャンネルでセレクトセールの生中継を見たことはありますが、目の前でセリを見るのは初めて。バイヤーが手を挙げながら「ハ~イ」という声で値段がどんどん上がっていく。セリの醍醐味(だいごみ)の1つを体感しました。

この日は最高額はダイワメジャー産駒のカウガールズドントクライの16(牡)で5200万円(税抜き)。キタノコマンドールなどを所有する「DMMバヌーシー」で募集されることになりました。

キタサンブラックを所有していた歌手北島三郎も、上場された唯一のロードカナロア産駒アルテシアの16(牡)を4200万円(税抜き)で落札。ブラックと同じ清水久厩舎に入厩予定です。

 

公開調教で先着するアルテシアの16(右)

今年最高額の5200万円で落札されたカウガールズドントクライの16

セリにかけられるスウェプトオーヴァーボード産駒のデリキットの16

 

主取りとなったディープインパクト産駒インランジェリーの16

なおセールの目玉とされたディープインパクト産駒インランジェリーの16は5000万円からスタートも、購買者から手が挙がらず残念ながら主取りに。今後は生産者の社台ファーム吉田照哉代表の所有馬として競走馬デビューする予定とのことです。

【久野 朗】

[2018年5月6日12時48分更新]

新潟重賞もお忘れなく~

こんにちは。松田です。

 

先週は香港でG1を取材し、今日は新潟競馬場で取材をしています。

心地良い風が吹いていて気持ちいい。昼休みはジャケットを脱いで場内をふらりと散策してきました。

藤田菜七子騎手も新潟で騎乗中です。いつ見てもすごい人気。

 

新潟競馬場のパドック。みなさん真剣な眼差しを送っています。

ゴールデンウイークに加えて重賞開催日とあってか、ファンの入りも上々です。

芝生の上でお弁当を広げている家族も見かけました。

 

1回新潟開催中は「ご当地クラフトビールの陣」、「ご当地餃子まつり」が場内で開催されていて、 各地のビールと餃子が食べられます。プロフィール帳(小学生時代によく女子がクラスメイトに配って記入させていたアレ)の「好きな食べ物」欄に当時から餃子と書いていた自分にとっては、魅力が大きすぎるイベントです。仕事じゃなければビールとの黄金タッグを買いに走るのですが、今のところ(?)理性が勝っています。

 

もう1つレアなイベントもありました。今日のメインは新潟大賞典。馬券を500円以上購入した先着2000人に記念ミニタオルがもらえるんです。まあ、馬券そのものは外れたのでタオルを500円で買ったようなものですが…。ローカル開催はJRAもイベントに力を入れているので、ぜひ機会があればみなさんも競馬場へどうぞ。

馬券を500円以上購入した先着2000名がもらえるミニタオル。

わかりにくいですが、ずーーーーーーっと奥に直線競馬のスタート地点。

右側にはピンクの文字で「NIIGATA」。こちらもわかりにくくてすみません。

 

【松田 直樹】

[2018年5月1日16時32分更新]

栗東で「できるかな」

久ノッポさんは栗東に滞在中です。紙面の「G1番記者」でNHKマイルCを担当。かつてNHK教育(現Eテレ)で放映された「できるかな」にちなんだ「できるかな 当たり馬券」のタイトルでノッポさんならぬ、久ノッポさんに扮(ふん)して取材し、本命馬を見つけ出していきます。

NHKマイルCは混戦ムード。今日はレースに出走するギベオン、ダノンスマッシュを見かけることができました。

馬場へ向かうダノンプレミアム(右)とパクスアメリカーナ

厩舎の周りを歩くギベオン

 

馬場へ向かうダノンスマッシュ

 

その後、ラッキーなことにパクスアメリカーナと一緒に、ダービーに向けて調整しているダノンプレミアムが馬場入りするところ目撃。しっかり写真に収めました。同じ中内田厩舎の所属ですが、アーリントンC2着馬と昨年の最優秀2歳牡馬が並んでいる豪華な1コマです。

【久野 朗】

[2018年4月26日19時11分更新]

香港出張中

こんにちは。松田です。

今日からシャティン競馬場で今週末に行われる香港チャンピオンズデーの取材をしています。

香港に来るのはロードカナロアが香港スプリントを初めて勝った12年冬以来、約5年半ぶり。懐かしさとともに、時間のたつスピードの速さにびっくりしています。

 

昨日25日に香港に到着後、夜はハッピーバレー競馬場を見学してきました。

芝のナイター競馬なんてそうそう見られるものじゃないので、貴重な体験です。

ハッピーバレー競馬場のゴール前。左下に見切れているおじさんは絶叫しながら応援していました。

 

ビールを飲みながら着飾った人々がわいわいやっていたり、馬券師がラチをたたきながら馬名を連呼していたり。平日とは思えないほどの盛況っぷりです。

 

ハッピーバレー競馬場の3~4角付近。このあたりは結構カーブが急

競馬場自体は意外とコンパクトなつくりで、競馬場の周りをぐるりと歩いて回っても30分ほどで1周することができます。

しかし4月とはいえ、蒸し暑い。ラフな格好の人は短パン、Tシャツ。さすが香港です。

ハッピーバレー競馬場のスタンド。超豪華!

 

現地の食堂も活気があって、「違う国に来たんだなあ」と興奮します。

散歩がてらに立ち寄った食堂。全く英語が通じず、隣のおじさまの食べていたものを指差して注文しました。うまい。

で、今朝からQE2世Cを中心に日本馬&現地馬の取材。

26日早朝のシャティン競馬場。雲がどんより。

ゴール過ぎの芝。ふっかふかです。

芝を歩いてみたり、3頭出し(タイムワープ、パキスタンスター、ゴールドマウント)のクルーズ師に直撃取材も。

逃げ馬タイムワープ。展開の鍵を握ります。

アルアイン。

調教に手こずったアルアインも体調自体はいいようです。

ダンビュライト。

 

 

そしてこんな馬も発見。フランスからやってきた〝元〟アキヒロ(騸4)です。香港では珍しいディープインパクト産駒。デビュー2戦2勝でG3シェーヌ賞を勝ったスターホースといえば、ピンと来る方も多いでしょうか。この春、香港に移籍してきました。馬名もスティミュレーションに替わり新たな競走馬生活をスタートさせています。

 

元アキヒロ。フランスから香港に移籍し、馬名もスティミュレーションに改名。

滅多に来ることのない海外なので、明日もみっちり取材しようと思います。

【松田 直樹】

「極ウマ日記」過去の記事

一覧へ