競馬コラム「極ウマ日記」 | 極ウマ・プレミアム

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
更新
毎週随時

2019年3月7日の記事

[2019年3月7日21時58分更新]

相撲×競馬

 

園田競馬場に〝稀勢の里〟が現れた。

 

先日、休みを利用して園田競馬場を訪れた。

 

園田競馬場の写真

開門前から大にぎわい!

 

午前10時の開門前から多くの人が詰めかけていた。その理由は…。

 

ちゃんこと力士の写真

これだ!

 

先着300人にちゃんこ鍋が無料で振る舞われたからだ。田子ノ浦部屋の力士がつくった正真正銘のちゃんこ。特設テントの前には大行列ができ、すぐになくなる人気ぶりだった。

 

大相撲の春場所を前に、田子ノ浦部屋が園田競馬場内に宿舎を構えている。7日まで稽古の一般公開が行われ、毎朝大勢のファンが見学に訪れていた。

 

ちゃんこの写真

うまい!

 

僕もちゃんこをおいしくいただいた。薄味の鶏ちゃんこで、体にやさしい味だった。腹ごしらえが終わったら…。

 

荒磯親方の写真

中央左が元横綱稀勢の里の荒磯親方!

 

今度は稽古の見学だ。大関高安は出稽古で不在だったが、元横綱稀勢の里の荒磯親方が若手に胸を出していた。この日は競馬開催日で、すぐ後方にはコースがあって、競走馬が走っている。なんとも不思議な雰囲気だった。

 

ちなみに僕は04~96年の2年間、大相撲の取材を担当していた。異動した当初は、稀勢の里が18歳で新入幕を果たしたばかり。寡黙で取材に苦労させられたのも、今ではいい思い出だ。「もしも現役の横綱のまま春場所を迎えていたら…」とも思うが、現役さながらの姿を見られただけでも良しとしよう。

【太田 尚樹】

[2019年3月7日14時03分更新]

早速ですが

クイズです。
以下の写真2頭の馬名を当ててください。


ノーヒントで応えられたら、競馬オタクを自称できそうですね。
ヒントを1つ。「同じ厩舎の所属」です。



まだ難しいですかね…。
もう1つ、ヒントを。「ともに重賞ウイナー」です。



さて、最後のヒントです。
「ともに、今週の重賞に出走」します。



わかったでしょうか…。
正解は↓↓↓






↑タイセイドリーム(阪神SJに出走)と

↑リスグラシュー(金鯱賞に出走)でした。
ともに上位人気が濃厚。注目です。

【柏山 自夢】

「極ウマ日記」過去の記事

一覧へ