競馬コラム「極ウマ日記」 | 極ウマ・プレミアム

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
更新
毎週随時

2019年4月の記事

[2019年4月28日20時08分更新]

極ウマくん賞!

今日は天皇賞・春が行われましたが、帯広競馬場でもこっそりビッグレースが行われていました。

その名も「日刊スポーツ杯 極ウマくん賞」です!

私は残念ながら見に行けなかったので、北海道日刊の大滝記者がたくさん写真を送ってくださいました。極ウマくんが勝ったオーシャンドリームと表彰式で写真撮影したそうです。

オーシャンドリームが「お前だれやねん?」って顔で極ウマくんを凝視しています。「だれやねん」は関西弁なので、本当は北海道弁で言っていると思います。(すごくどうでもいい)。

この日はばんえいアワード2018表彰式もあり、ばんえいマスコットのリッキーとも対面したとか。

帯広でも大活躍中で、うれしい限りです。

極ウマくんといえば、今年もサンリオキャラクター大賞のコラボ部門にエントリーしています。

https://ranking.sanrio.co.jp/collabos/

1日1回投票できますので、極ウマファンのみなさまのご協力よろしくお願いします♡

【平本 果那】

[2019年4月25日13時19分更新]

最後のあいさつ

柏山@栗東です。
今月末で異動します。トレセン勤務は今日が最後。
幸い取材がスムーズに済んだので厩舎回りをし、最後のあいさつです。
「おつかれさん」「がんばれよ」
ありがとうございます。頑張ります。

馬も別れを惜しんで?くれました。

馬ってかわいいですね。

予想も天皇賞ウイークが最後。印も原稿も、一生懸命頑張ります。
もうしばらく、おつきあいください。

【柏山 自夢】

[2019年4月24日14時27分更新]

まゆゆがやって来た

競馬界の「まゆゆ」こと、岩手競馬元女性騎手の鈴木麻優さんが美浦トレセンを訪れ、仲良しの藤田菜七子騎手と昨夏以来の対面を果たしました。

対談する藤田菜七子騎手(右)と岩手競馬元騎手の鈴木麻優さん

実は菜七子が12年10月にJRA競馬学校に合格し、入学する翌13年4月の間に騎手養成所の地方競馬教養センターに所属していた鈴木さんが千葉県白井市の競馬学校を訪れる機会がありました。そこで初対面して、一緒に食事もしました。16年5月には盛岡で初めての直接対決が実現。それ以降は何度も対戦しました。鈴木さんは落馬の影響で18年1月いっぱいで現役を引退しましたが、今でも連絡を取り合う仲。この日は思い出話など、女子トークで盛り上がりました。

平成から令和へ。元号も変われば女性騎手も新たな時代に突入するのでしょうか。この日の2人のトークは後日、競馬面で紹介する予定です。お楽しみに。

 

【久野 朗】

[2019年4月18日16時21分更新]

栗東坂路&ドンキ

こんにちは、三嶋です。
栗東に来ています!

今日は栗東坂路に初上陸。

 



たまたまダノンファンタジーとダノンプレミアムが歩いているところに出くわして、
テンションあがりました!

その後は梅田厩舎へ。
↑レッツゴードンキです!
服が気になるみたいで、かみかみしてました。
めちゃめちゃかわいかったです!!


私もドンキの頭をなでさせてもらいました!
本当にかわいい♡
また行きたいです!
【三嶋 毬里衣】

[2019年4月17日17時42分更新]

平成最後のGⅠ

こんにちは。

今週はGⅠがありません。

少しほっとします。

 

栗東では8時半頃から、天皇賞・春の出走予定馬が続々とあらわれて

1週前追い切りをしていました。

 

中でも、日経賞を勝ったメイショウテッコンの動きが目にとまりました。

ストライドが大きく、迫力のある動き。

2歳時から活躍していますが、ようやく心身ともにしっかりしてきたという印象です。

 

騎乗した初コンビの福永騎手も好感触。

「いい馬。雄大な馬やと思う。動きも良かったで」

 

気になるのは距離です。

菊花賞は14着。

鞍上は「距離は本質的なところだからやってみないと分からないけどね。もつと思って乗る」。

 

ポイントはこの馬のリズムで走れるかどうか。

GⅠで相手が強くなるので、そのあたりが難しいところ。

ストライドが大きいだけに「縦長になってほしい」と同騎手は希望していました。

ロングスパートで、長く脚を使う持ち味を生かせるか。

福永騎手とのタッグにも注目です!

【辻 敦子】

[2019年4月17日14時25分更新]

栗東に来てます!

こんにちは、三嶋です。
今週は初の栗東取材!


↑栗東の調教スタンドです。
最近?立て直したらしく、とてもきれいで驚きました!
なんとエレベーターもついてます。
美浦も立て直さないかな~と期待しちゃいました。




 

【三嶋 毬里衣】

[2019年4月16日19時06分更新]

念願の…

お久しぶりです。松田です。

競馬場、トレセンを離れてZOZOマリンスタジアムにやってきました。競馬担当なのに野球の取材? いやいや藤田菜七子騎手が今年も始球式に登板したんです。16日は「宝仙堂の凄十パワーナイター」として開催されたロッテ―オリックス4回戦。17年に初めて公式戦の始球式に登板してから3年連続の登場でした。

17年ワンバウンド、18年ツーバウンドでミットに届いた投球は、今年は〝三度目の正直〟となるノーバウンドピッチング。山なりのゆるーいボールでしたが、地面に着くことなくほぼストライクゾーンを通過しました。捕球を確認した藤田騎手のさわやかな笑顔、観客の拍手にこちらもジーンときました(←大げさですかね)。

 

始球式を終えた藤田菜七子騎手

 

始球式終了後の囲み取材では「やっと届いてうれしい。毎年なんですけど、厩舎の人と練習してこの日に備えてきました。今日は室内練習場でブルペンを借りて、いろいろと感じをつかめたのもよかったと思います。競馬とはまた別の緊張感がありました。毎年やらせてもらって、今年こそは、というのがあったので本当によかったです」とホッとした表情で話してくれました。

今年はGⅠ初騎乗も果たし、ますます注目度が上がっている藤田騎手。来年もぜひ素敵なピッチングを見せてもらいたいものです。

【松田 直樹】

[2019年4月10日13時59分更新]

春の雨

こんにちは!

10日(水)の栗東は冷たい雨に見舞われました。

トレセン取材で困るのは、寒さよりも、暑さよりも、雨なんです。

なにせ、馬が最優先なので、傘をさせません。

今日もカッパの上下、帽子に長靴と完全装備でトレセン内を走り回りましたが、頭から足の指先までびしょ濡れでした。

栗東トレセンのシンザン像も雨で濡れています

満開だった桜にとっても、恨みの雨になったようで。

予想は散らないように、頑張らないと…。

 

 

 

 

【木村 有三】

「極ウマ日記」過去の記事

一覧へ