競馬コラム「極ウマ日記」 | 極ウマ・プレミアム

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
更新
毎週随時

2019年9月21日の記事

[2019年9月21日14時53分更新]

翌日はソウル郊外の牧場へ

再び牛山です。

日本馬のいなかった今年のコリアスプリント、コリアカップ。例年ならレースの翌日は原稿の締め切りなどに追われたりしていたのですが、予定がポッカリと空いてしまいました。そんな月曜日の朝。突然、ある方からメッセージが。韓国・龍仁市にあるチサンファームのホン・スンオ代表(41)でした。以前、コラム「南でも関でも」にも書きましたが、5月に牧場を訪問。今回は天気が悪く、牧場に行くのは無理だろうと思い、連絡していなかったのですが…

ソウル南部ターミナルの入口

どうにか昼過ぎまで雨に降られずに済みそうな天気予報。それならばと連絡すると「どうぞ来てください」というので、急いで南部ターミナルに向かいました。

発車直前に乗り込んだ市外バス

地下鉄の南部ターミナル駅を下車してから、隣接するターミナルをバスが発車するまで約10分。自動券売機でチケットを発券し、車内で食べるお昼ごはんとお茶を買い、ドアの閉まりかけたバスに飛び乗りました。

巨大なサムガクキムパプ(三角のりごはん)

お昼ごはんはこれ。すぐに買えそうなものがほかに見当たらなかったので選びましたが、これがマシイッソッソヨ(おいしかったです)。そして、なかなかボリューミー(笑)

上「(株)チサンファーム」(法人名)。下「チサンホースランド」(休養牧場としての牧場名)

市外バスに揺られること約45分。そして再会したのは…

クリソライトとホン・スンオ代表

第1回コリアカップの覇者、今年からチサンファームで種牡馬生活を送っているクリソライト(牡9)です。代表は種付けした繁殖牝馬も紹介してくれました。ちなみに代表はクリスチャンだそうで、今年から生産を始めるにあたって新築した分娩厩舎を「ノアステーブル」と名付けたそうです。そこにいたのは…

クリソライトを受胎しているトンヘテンテンテン(牝5、父マイネルセレクト)

マイネルセレクト産駒の韓国産馬でした。ほかにアンクルモー産駒やマイボーイチャーリー産駒など、クリソライトを種付けした繁殖牝馬は6頭。韓国でのクリソライトのネームバリューを考えると少ない頭数に思えますが、いずれもチサンファームの繁殖牝馬。まだ大きくはない牧場の規模の問題もありますが、代表は韓国の生産事情も考慮したようです。現状は韓国馬事会が無料で種付けする成績のいい種牡馬に優秀な繁殖牝馬が集まるため、多くの牧場は韓国馬事会の種牡馬を種付けできなかった牝馬に民間牧場の種牡馬を種付けするという構図になっています。あまり優秀ではない牝馬に種付けして成績の上がらない産駒が増えるよりは、最初は自分の牧場にいる牝馬だけに種付けした方がいいという方針。来年以降、ほかの牧場からオファーがあった場合は、その牝馬を審査して種付けするかどうかを判断したいとのことでした。

日本の繁殖牝馬セールにも参加してクリソライトの種付け相手を探したいと話していた代表。もともと乗馬場だった牧場の周辺には農地が広がっていますが、産駒が走れば、その農地を買い取って牧場を大きくしたいとも話していました。代表のような新進の生産者たちは、日本のように競馬ファンがスターホースを追いかけて競馬場や牧場に足を運ぶような時代が韓国にも来ることを夢見て頑張っています。

【牛山 基康】

「極ウマ日記」過去の記事

一覧へ