ゲートの秘密

札幌競馬場の練習用ゲートは、いつも取材している美浦と同じものでした。写真を見て違いがピンとくれば、すぐに競馬記者になれる?

1番のゲートが他のゲートより少し広くなっているのが、写真で分かるでしょうか。入厩したばかりの馬などに、ここを通過してゲートというものを理解させ、慣れさせる目的が1つあります。発馬に不安のある古馬も、2~4番枠に入って駐立の練習をすることもあり、レース直前には確認のために通過だけする馬もいます。

2番枠のゲートに入って通過しているのは札幌記念に出走を予定しているクロコスミアです。確認の練習だと思いますが、まったく問題なくスムーズでした。

この日の札幌は早朝、小雨が降っていました。練習用ゲートを写真撮影した後には、上空に虹がかかりました。ちょっとラッキーな気分になれました。

札幌競馬場の練習用ゲート。クロコスミアがゲート入り

札幌競馬場の上空に虹がかかった

【久野 朗】


函館2歳S

今年の函館開催もアッという間に幕を閉じました。

6週間の最後のメインレースは、函館2歳S。

勝ったのは、ビアンフェでした。

函館2歳Sを制したビアンフェ

騎乗した藤岡佑介騎手は、1、2回函館開催で15勝を挙げて、見事リーディングに輝きました!

おめでとうございました!!!

 

僕にとっても2年連続2度目の函館出張。

温泉、ジンギスカン、海鮮、ラーメン…と何をとっても素晴らしい!

そして、人の温もりも感じる街です!

 

馬券は昨年に続いて、こてんぱんに負けましたが、ぜひともチャンスがあれば来年も帰ってきたいです!!!

 

 

【木村 有三】


函館2歳S

 

こんにちは、三嶋です!

今週は函館2歳S!
というわけで、



取材してきました!
池上厩舎のゴッドスター(牡、父アサクサキングス)と福島助手です!
福島助手は7月16日が誕生日。
バースデーウィークに重賞勝ちを決めてほしいですね。





 

【三嶋 毬里衣】